最近の美容業界と就職状況について2018年-2019年

最近はどこも人手不足だ、人手不足だと騒いでいる世の中なのですが美容業界も同様に人手不足が言われています。

ただし美容業界は特殊な世界と言っても良く一朝一夕に人材が育つことはありません。飲食業界のようにマニュアル化された業務が多い場合はそうでもないのでしょうが長年の修行が必要であり、職人の世界と似ている部分があります。

華やかな世界に憧れて入ってくる若い人達の多くはその華やかさとは違った壁に直面して辞めていく人も多いです。

2019年からは不況入りに?

ある経済予測によると2019年から日本経済は不況になっていくだろうと言われています。

消費増税を控えてこの影響は年後半からの経済失速が確実視されているのだそうです。

こちらは経済の専門家が言っていることですからおおよその部分は当たるのではないかと思われます。

景気の動向は美容業界にとっては非常に大きなものです。不景気は美容院に行く人やメイキャップを希望する人、ネイルをしてほしい人など激減していく要因になります。美容業界は不況に強い業態ではないということは知られていますね。

むしろ景気に左右されやすい業態であるということが言えるのかもしれません。

ただ長い目で見ると美容業界のようなサービス業は確実に伸びる産業ですし、一時期の景気動向で判断してはいけません。

製造業は斜陽、美容業界は伸びる

今後は日本を代表する産業である製造業はますます落ち込んでいくと考えられます。

そして前述にある通り美容業界やショービジネスなど華やかな産業は伸びていくと言えますね。

ファッション業界は一見して華やかですが裏ではかなり泥臭い仕事をしている人が多いです。確かにメイクアーティストやネイリストなど素晴らしい仕事に思えますが苦労は多いと言えるでしょう。

それでも女性ならば今更製造業に就くよりもファッション業界に進んだ方が良くないでしょうか。

これからの時代は自分がやりたいことを誰でも実現できる世界になります。やりたくないことを生活のためだと言って無理して仕事に就いても長続きはしないですし、もっと言えば今堅い職業だと思われている仕事がどんどんと斜陽産業になっていくのです。

つまり良かれと思って始めた仕事でもいつ路頭に迷うか?わからない時代性だからこそ自分が好きな仕事に就いた方が将来的にも良いのです。

ネイルスクール 資料請求はこちら♪

ファッション業界はどんな仕事が良いのか?

ファッション業界に進むなら仕事は選んだほうが良いでしょう。

一番良いのはメイクアップアーティストのような仕事かもしれません。IKKOさんはご存知でしょうか?彼女というか彼は以前は本業はヘアメイクアーティストでした。若い頃は主にメディア関係のヘアメイクを担当したりして独立した人です。

ファッション業界と言うと最も華やかなのはデザイナーですがこちらは本当に一握りの才能の持ち主がなれる仕事でなりたくてもなれる職業ではないでしょう。しかしヘアメイクなどは現実的でメディア関係の仕事を取れれば、正直お金持ちになれます。

そういったことで夢がある仕事ですね。

また最近ですとネイリストというのも良い仕事でしょう。これからは総合的にメイク技術を身に着けてそれを仕事にする人は増えてきそうです。新しい仕事も出てきそうですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です